Super Compliance OfficerをScoping groupに割り当てる方法

バージョン1.55以降ではコンプライアンスリスクに配慮し新規Super Compliance Officer (SCO)およびCompliance Officer (CO)権限はデフォルトでユーザー閲覧権限を付与されていません。

 

バージョン1.55以前に作成されたSCOまたはCO権限は全ユーザーに対し閲覧権限を有しています。これらのSCO/CO権限を保持するユーザーはGlobal Groupに割り当てられています。

 

新たにSCO/CO権限を付与されたユーザーはscoping groupを割り当てる必要がございます。以下の手順をご参照ください:

 

  1. Scope Managementを付与されているアカウントでACポータルにサインインします(図 1):

    mceclip0.png
    図1 Scope Management

  2. MANAGE ROLE SCOPESを選択します

  3. 割り当てるGroup名をクリックします

  4. ASSIGNEESタブをクリックすることで現在このGroupを割り当てられているユーザーが表示されます
  5. Add AssigneeをクリックしこのGroupに割り当てるユーザーの選択画面に移ります(図 2)

    mceclip1.png
    図 2 Add Assignee

  6. Scoping groupにはSCOまたはCOのみ割り当てることができます。こちらの画面ではGroupを割り当てることの可能なSCOおよびCOのみリストアップされます(図 3)

    mceclip2.png
    図 3 Role Options

    ヒント:名前を入力することでユーザーをフィルターすることもできます

  7. 割り当てるユーザーを選択したのちにSaveをクリックし割り当て完了です

    ヒント:COの閲覧範囲を制限する場合こちらをご参照ください。

お客様の設定によりこちらの記事の内容が当てはまらない場合がございます。

その場合お客様内シンフォニーアドミニストレーターまたはIT部署様にお問い合わせください。